川越FF釣行記(with 釣りの天才):

0

    おはようございます。

     

    少しでも早く休筆に入りたく、どんどん記事を書き進めます。

     

    Jの釣行記までは・・・。

     

    さて、今回の釣りは、我が息子との同行。

     

    我が息子の管釣りデビューです。

     

    息子自体は、釣りはこれで3度目です(ザリガニ釣りやバッタ釣り等の簡易なものは除く)。

     

    1度目は、金魚釣りで、物心が付くか付かないかの頃に神奈川県大和市の釣り場に連れて行きました。

     

    その時の釣果は、覚えておりません(息子はほとんど釣りをしなかったような・・・)。

     

    2度目は、厚木のヘラブナ釣り場でのコイ釣り。

     

    その時は、息子が一匹、私はゼロでした(結構マジにやりましたけど)。

     

    ザリガニ釣りに釣れて行った人の話し等を聞いても、ウチの息子は、結構センスがあるのではないかと思っております(親バカです)。

     

    私も、父親に釣りを教えてもらいました。

     

    父親が相模川にアユ釣りに行くのに、毛針を買ってもらい、オイカワ等を狙いました。

     

    父親は、「いいか、こうやって釣るんだぞ」と手本を示してくれましたが、一匹も釣れないまま、そそくさと自分の鮎釣りの準備に入ってしまいました。

     

    私は、よく分からないままやってみましたが、父親から変わって、すぐに釣れました。

     

    そこから、私の釣り人生が始まった訳です(小学校5年頃だったかな?)。

     

    それまでは、ザリガニ釣り程度しかしたことがありませんでした。

     

    魚釣りは、針が痛そうで、怖いイメージがありました。

     

    それ以降、色んな人と釣りに行きましたが、同行の人に釣り負けた記憶があまりありません。

     

    高校のとき、フィッシング同好会の会長とご一緒しましたが、私があまりに釣るので、彼が怒ってしまい、冗談混じりではありますが、ボートから突き落とされそうになったことがあります。

     

    その彼に、まあ、事情がありまして、0-5で負けたことが一度ありました。

     

    自分には考えがありましたので、リベンジマッチを申し込み、そちらは完勝しました。

     

    ※あくまで、ココまでに至る歴史を時系列で説明しているだけですので、「トーナメント出ろ」とか、言わないでください。

     

    その私が。。。

     

    息子には負けてしまった訳です(コイ釣りで)。

     

    我が息子ながら、実は釣りの天才なのではないか、と思っておりました(多分、親バカです)。

     

    そんな(maybe)天才との釣行です。

     

    朝ご飯を食べ、岩槻インターから川島インターまでひた走り(意外と遠い)、現地に着いたのは、9時頃でしたでしょうか。

     

    息子と並んでオシッコをし、道具の準備は私がして、受付へ向かいます。

     

    息子が未就学児童であることを伝えます。

     

    料金は、3時間で、私が2000円、息子が1000円です。

    ※今回は私のおごりですが、将来的には、息子におごってもらいます。

     

    比較的、広めに空いている場所に入れてもらい、先ずは、キャスティングを教えます。

     

    今日は、キャスティング練習だけで終るかな、とも思いましたが。。。

     

    ルアーを投げるのは始めてですので、始めは完全に補助付きです。

     

    息子の後ろに周り、指を糸に引っ掛けてベールを起こし、手を添えさせて投げ、サミングしてベールを起こすところまでやり、後は子供に巻かせます。

     

    ルアーは、「セニョール・トルネード(赤)」。

     

    レギュ違反じゃないですよね?

     

     

    開始後、15分頃でしょうか。

     

    「あれ?何か釣れてるよ。。。」とのこと。

     

    竿を見ると、確かにしなっております。

     

    釣れているようです。

     

    取り込みは、さすがに無理ですので、少しファイトさせたあと、私に交代し、息子にネットを持たせます。

     

    無事、ネットイン!

     

     

    スゴいぞ、息子よ!君は天才だ!!(完全に親バカです)。

     

    しかし、釣りバカ、親バカと揃いましたので、あとは、なんかのバカが揃えば、3冠王ですね!

     

    ブログバカ?

     

    もう少しで、お休みに入りますので、勘弁してください。

     

    あれ!?

     

    オイ!私が釣れてないやんけ!

     

    これは、マズい。

     

    親の威厳を掛けても、ココは釣ってみせなければ・・・。

     

    と思って、真面目に釣り始めます。

     

    とはいえ、もの凄い強風(田んぼの中なので、いつものことなのか?)で、ラインの制御すら難しく、ナカナカに釣りづらい状況です。

     

    クランクでもヒットなし。

     

    もともと、余りルアーを沢山持って行ってなかったのですが、若干の手詰り感がありました。

     

    皆様は、こういう時は、どうしてますか?

     

    私は、コレです。

     

    「ひたすらに、スプゥーンを引く」。

     

    タナは、ケースバイ・ケースですか、底まで落としての巻き上げが多いです。

     

    ルアーは。

     

    昔のすそのなら、バックス1.5g(黒)。

     

    今はなき柿田川3号池なら、ノア2.6g(アワセミソ)。

     

    これをひたすらに投げます。

     

    今は・・・。

     

    これが多いですね。

     

    「ベスパスプゥーン」。

     

    これの、1.5g(茶)を投げます。

     

    底まで落として、ゆっくりと引いて来ます。

     

    すると・・・。

     

    信頼の69XTの穂先が、「ククッ」と入ります。

     

    しっかり巻きアワセして、ランディング。

     

     

    25cmくらいでしょうか。

     

    ボウズを逃れ、ホッとしました。

     

    何とか、今回は親の威厳が保てたな。

     

    1時間くらいで飽きてしまって、「もう帰ろうよ〜」コールを続けていた息子ですが、コレを見てやる気を出したのか、また釣りを始めました。

     

    クランクで。

     

    ライントラブルなんかも自分である程度は処理しながら、最後は真ん中くらいまでは投げられるようになったかな。

     

    今後が楽しみです。

     

    さて、子供がある程度手が離れたので、自分の釣りに戻れます。

     

    底近くをタイトに探りたいということで、ルアーはブーン3.5g(ブラウンクリケット)を選びます。

     

    これを、ゆっくりと巻いてくると・・・。

     

    「ガツン!」とヒット。

     

    うん、大きい!これは大きいぞ!!

     

    さっきのとは、引きが違う!

     

    息子も、ファイトする魚体を見て「大きいね!」と言っております。

     

    無事、ランディング。

     

     

    35cmくらいでしょうか。

     

    リリースします。

     

    もう、コレで満足。

     

    その後、しばらく釣りをしましたが、息子も飽きてしまったようですので、30分ほど残してスタァップ・フィッシング。

     

    近くのヤマダうどんで、私は肉うどん(モチ2個トッピング)、息子はラーメンを食べて帰りました。

     

    息子は、私の新車も、釣りも、「大好き」と申しております。

     

    釣り人口の増加(約1名)に、貢献出来たでしょうか。

     

    それでは、また。

     

    玄武岩

     

     

     

    にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
    にほんブログ村


    フィッシングエリアJ釣行記:

    0

      おはようございます。

       

      早速参ります。

       

      行きは、下道で行きました。

       

      久し振りなので、ちょっと迷います。

       

      ナビはあるのですが・・・。

       

      私の場合、ナビは補助的なもので(裏道等反映されない場合もあるので)、自分の記憶が一番の頼りです。

       

      しかし・・・。

       

      今回ばかりは、ナビの方が正しかったです。

       

      ちょっとだけ遠回りしながら、現地に着きます。

       

      2号池で釣り始めます。

       

      開始10分後。

       

      プレッソ55XUL + ベスパマッディスペシャル1.2gにて、1匹目。

       

      割と明確なアタリでした。

       

      濁りが結構キツいです。

       

      濁りに強いノア2.6gピンク+ヤマガ53TZにて。

       

      巻き上げでアタルも掛からず。

       

      8:20(Jは8時開始です)、シルバーナ瀧+Tグラベル2.0g(緑)にて、2匹目。

       

      良いファイトをします。

       

      ヤマガ53TZ+ノア2.6g(茶)にて、強いアタリがあるも掛からず。

       

      ヤマガ53TZ + ノア2.1g(ベージュ)にて、ピックアップ寸前に、3匹目。

       

      竿が良く拾ってくれました。

       

      ノア2.6g(色不明:自分の字が読めません)にて、巻き始めてすぐにヒット。

       

      4匹目。

       

      ココまでで、8:35。

       

      その後、プラグも含めて色々やります。

       

      試行錯誤の時間です。

       

      結局、スプゥーンに戻り。

       

      シルバーナ瀧+Tグラベル(茶)にて、5匹目。

       

      9:35。

       

      10時のオヤツの後。

       

      スパイクアロー50+ドーナ2.0g(銀/オレ・緑)にて、底近くで、6匹目。

       

      10:05。

       

      この後、迷宮入りします。

       

      ヤマガ66TZ+ウィーパー1.5g(ダークグリーン)にて、巻き下げ中にヒット!

       

      強めに合わせて、リーダが切れてしまいました。

       

      リーダを、1.5lbから、2.5lbに巻き替えます。

       

      この時点で、11:00。

       

      1号池にて、食材確保の時間です。

       

      ボトムを中心に狙います。

       

      11:20頃、ヒット!

       

      良くファイトします。

       

      足下まで来ると・・・。

       

      んん!

       

      シッポの根元が、くびれております。

       

      コレはひょっとして・・・。

       

      と色気を出したら。

       

      バラしてしまったよ。

       

      残念。

       

      その後、普通のニジマスを追加して、お昼ご飯とします。7匹目。

       

      1匹では足りないので、釣りを続けますが、1匹足下バラシという結果と成りました。

       

      13:00~13:45まで、3号池でやりますが、アタリなし。

       

      その後、14:30まで、ヒルネをします。

       

      しばらく2号池で、場所等も変えつつやってみますが、ヒットなし。

       

      夕刻近くなって来て、ペレットタイムが近づいて来ました。

       

      1号池で、トップを試してみます。

       

      これが、大正解。

       

      17匹追加します。

       

      うち、ペレットタイム以降の釣果は、2匹でした。

       

      以上、合計24匹で16:20頃終了としました。

       

      帰りは、途中まで下道で行ったものの、混雑がスゴく、結局、高速で帰りました。

       

      高速は、楽ですね。

       

      それでは皆様、しばらく御暇をいただきます。

       

      ごきげんよう。

       

      玄武岩

       

       

       

       

       

       

       

       

      にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
      にほんブログ村


      フィッシングエリアほのぼのに行って参りました。

      0
        皆様こんばんわ。

        ご無沙汰しております。

        無事、管釣戦線に復帰し、泊まりがけで行って参りました。

        ほのぼのが、大きめの魚を入れてるようなので、行ってみようかと。

        今までは、3〜6月にいっていたので、冬の様子は分かりません。

        ボトム中心になるのだろうな、と思っておりました。
        先週は、家族がインフルエンザのため、座間の実家にしばらく帰っており、前日は、会社の飲み会のため、当日朝までまったく準備が出来てない状況でした。

        1次会が終わるのを待って自宅に逃げるように帰り、少しでも睡眠を取られるようにします。

        出来るだけ、普段の生活リズムに近い形でね。

        12時ちょっと前に寝て、目覚ましを掛けずに目を覚ましたのが3時半頃。

        そこからモロモロ準備しましたが、、、。

        まず、ロッドスタンドを忘れました。

        これは、釣り場に行くまでに気づきました。

        そして、、、。

        釣り場に着いて、、、。

        ワンピースロッドケースを忘れたことに気がつきます。

        ええ、忘れましたよ。

        アバライサーとシルバーナ瀧を。

        今回は、どう考えてもボトム中心になるのに、、、。

        予備として、デイブレイクを持って行っておいて良かった。

        これが無かったらと思うとゾッとします。

        今回のメンバーです。

        1. ナイロンメイン(50cm〜の大物想定)
        ROD ufmウエダBWS74T

        REEL シマノ ヴァンキッシュ2000S
        LINE バリバス スーパートラウトアドバンス4.0lb 補足
        大きめのスプゥーンや、大きめのミノー、クランクまでをカバー。 2. ナイロン高回転用タックル
        ROD ノリーズ スパイクアロー60
        REEL シマノ ステラ2000HGS

        LINE ダイワ月下美人3.0lb + レブロンナイロンリーダー3.0lb



        補足
        スパイクアロー50が、Jでトップで大活躍しましたので、その延長線上で。ボトム竿忘れたことに気づき、後ほどリールをヴァンキッシュ1000PGSに、ラインをバリバスプレミアムフロロ0.15号+フロロリーダー2.5lbに変えました。

        3. フロロタックル
        ROD ガマカツ ストーリアF 65L
        REEL ダイワ イグジスト2003H
        LINE クレハシーガーLTD R18 2.5lb
        補足
        ボトムスプゥーンから軽めのボトムまで。

        4. ミノータックル
        ROD ufmウエダスーパースティンガー60SSS
        REEL ダイワ ルビアス2004H
        LINE サンラインカラーフロロ2.0lb + バリバスフロロリーダー2.0lb

        補足
        ココはミノーが効きます。竿がしなやかで、ライン細めでもオーケーです。

        5. ボトム用タックル
        ROD ノリーズ デイブレイク61L
        REEL ダイワ ルビアス2305H
        LINE テレメトリー フロロ0.3号 + バリバスフロロリーダー3.0lb
        補足 ワンピースロッドケースを忘れたので、今回はこれが唯一の頼り。予想通り大活躍。やっぱり、使いやすい。

        以上です。

        釣行記を楽しみにお待ちください。

        玄武岩

        にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
        にほんブログ村

        白河フォレストスプリングスに行って参りました。

        0
          おはようございます。

          私儀、テツ西山大先生プロデュースの、フォレストスプリングスの総本山?である、白河FSに行って参りました。

          ホントは、ほのぼのに二日連続行くつもりだったのですが、諸事情により、、、。

          ほのぼのの近くのユーパル矢祭に投宿し、凍結した一般道を大型車に煽られながら行きました。

          1時間半くらいだったかな?

          車を新しくしといて良かったですよ。

          前の車だったら、ヒヤヒヤもんだな。

          っていうか、こっちには来なかったかな。

          今回のタックルです。

          1. メインタックル
          ROD ufmウエダBWS74T
          REEL シマノ ステラ2000HGS
          LINE バリバススーパートラウトアドバンス4.0lb

          補足
          いつもここで活躍してくれるタックルです。しなやかなのにパワフル。トラブル少ないのにアタリ分かりやすい。普段は3lbを使うのですが、今回はプラグまでカバー、ガイドの凍結でラインが傷むのも怖いので、4.0lbにしました。

          2. ボトム用タックル
          ROD ノリーズ デイブレイク61L
          REEL ダイワ プレッソ2305H
          LINE テレメトリーPE0.3号 + バリバスフロロリーダー3lb
          補足
          キンキンの竿。クセがあると言われてますが、今回の釣行で、「意外と素直かも?と思いました。今回は、この竿が無かったら、大変なことになってました。

          3. フロロ遠投用
          ROD ヤマガブランクス ブルーカレント73TZ Proffesor 'nano'
          REEL シマノヴァンキッシュ2000HGS
          LINE Air Braid 0.05号 + バリバスフロロリーダー2.5lb

          補足
          スプゥーンを遠くへかっ飛ばすためのタックル。軽量から重量まで。
          意外な使い方では、小型プラグをサクッと指します。

          後で補充したタックル。

          4. フロロ1
          ROD ガマカツ ラグぜストーリアF65
          REEL ダイワ イグジスト2004H
          LINE クレハシーガーR18LTD2.5lb

          補足
          ボトムスプゥーン用。この竿を使ってボトム近くで誘ってて、竿先がククッ!と入った時に巻き合わせをする感触がたまりません。

          5. 軽量スプゥーン用
          ROD ufmウエダ スーパースティンガーSSS60
          REEL ダイワ ルビアス2004H
          LINE サンラインカラーフロロ2.0lb + バリバスフロロリーダー2.0lb

          補足
          本来、ミノートゥウィッチのための竿ですが、そのしなやかさを活かし、小型プラグ、小型スプゥーンでもいけます。4.を使ってみて、さらにしなやかなタックルが欲しいと思ったので。本来は、ノリーズアンビシャスがこの役割を担うのですが、持って行かなかったので、、、。

          それでは、釣行記を楽しみにお待ちください。

          玄武岩

          にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
          にほんブログ村


          ほのぼのフィッシングエリア釣行記1:

          0

            おはようございます。

             

            出勤前の僅かな時間を利用しての執筆です。

             

            早速参りましょう。

             

            前日、会社の飲み会で1次会で速攻で帰って来ましたが、帰宅が23時過ぎ(大宮駅からタクシーを利用しても)。

             

            キツいっす。

             

            風呂も入らず、寝たのは、23時半過ぎ。

             

            目覚ましも掛けずに、寝ます。

             

            起きたのは、3時半頃。

             

            敢えて自然な目覚めを演出しました。

             

            そこから、大急ぎで準備を始めます。

             

            ワンピースロッドケースにロッドを詰め込み、リールバッグに、今回使いそうなリールをセレクトして入れます。

             

            後から気付いたことではありますが、ワンピースロッドは、ロッドを詰め替える際に、別の部屋に立てかけてしまったのが、忘れる原因と成りました。

             

            ロッドスタンドは、ちょっと出して別のところに置いておいたのが。

             

            家を出たのが、4時20分頃。

             

            そこから、7-11に寄って朝ご飯とカァフィを調達、ギャサリィーン・スタンドにてギャスをチャァージでして、岩槻インターから三郷JTCを経由、一路那珂インターを目指します。

             

            あ!ナビをセットするのを忘れたよ。

             

            ま、いっか。

             

            那珂インターからは、一直線で、分りやすいし。

             

            と思ったけど、結局、インターおりてから、ナビをセットしました。

             

            「ほのぼのフィッシングエリア」は、ナビには出て来ませんでした。

             

            周辺地区をセットして、出かけます。

             

            途中、ほとんど休憩もせずに、ほのぼのまで。

             

            到着は、6時半頃でしょうか。

             

            タックルをセットし、ログハウスにご挨拶に入ります。

             

            すると・・・。

             

            なんと!この時期は、8時からであることが判明。

             

            オーナー様のお話では、ココ2日間は、1年で一番寒い時期に成るだろうとのこと。

             

            相当の苦戦が予想されました。

             

            今日は貸し切りになるかもしれない、との言葉を受けながら、チケットを買い、入場です。

             

            さ、寒い・・・。

             

            大物狙いで、大物がいる下池に入ります。

             

            ミノー・スプゥーンで攻めるも、全くアタリなし。

             

            早速、ボトム狙いに切り替えます。

             

            デイブレイク+ベイビーバイブ・ダディー(茶)にて。

             

            8:15、1匹目。

             

             

            お顔が隠れちゃいましたね。

             

            ここ、ほのぼのフィッシングのこだわりは、胸びれのきちんとある、ヒレに欠損のない綺麗な魚体です。

             

            ファイトも良いです。

             

            今日は寒くて、魚の動きもイマイチかな。

             

            今年一番の寒さ。寒い、寒いですぅ〜。

             

             

            岸辺が凍ってまっせ。

             

            雪が積もっており、水分を含んだ身体までシャーベットに成ってしまいそうです。

             

            次投、同上にて。

             

             

            まるでイトウの魚体のような魚が釣れました。

             

            イトウの赤ちゃんと名付けておきましょうか。

             

            今はニジマスにいじめられても、そのうち、見にくいアヒルの子よろしく、この池の王者として君臨するのでしょうか。

             

            私も、絶対王者として君臨したいな。

             

            何の?

             

            それは、読者の皆様のご想像におまかせしましょう。

             

            人は、一人では行きて行けません。

             

            貴方のご協力が必要です。

             

            そこんとこ、ヨロシク。

             

            すぐその後に。

             

            もういっちょ。

             

             

            イトウっぽい魚体が釣れました。

             

            10年後に、もう一度釣れてね。

             

            水温を測ると、0℃あるかないか・・・。

             

            30分〜1時間おきくらいに、休憩を取らないとやってられません。

             

            BWS74Tにて、ミノーツアーに出ます。

             

            月虫55(沈)茶色+斑点にて、アタルも掛からず。

             

            多分、チビマスでした。

             

            その後、色んなルアーを試すも、アタリがありません。

             

            やっぱり、ボトムかな。

             

            デイブレイク+ベイビーバイブ・ノーマル(金茶)にて。

             

             

            4匹目。クロマティでした。9:05。

             

            次投同上にて、銀系ニジマス掛かるも、ファイト途中でガイドが凍結、糸が巻けなくなり、「何だ?何だ!?」と思っておるうちに、バレてしまいました。

             

            こういう時は、竿を水中に突っ込んで、氷を溶かしながらファイトしなきゃダメですね。

             

            同上にて、5匹目。9:10。

             

             

            ポーズを長めにとります。

             

            止めた後、ヌゥーッと重くなるアタリが多いです。

             

            次投6匹目。

             

             

             

            レギュラ・サイズ。

             

            9:15、7匹目。

             

            レギュラサイズの、銀ピカの鱒でした。

             

            9:20、同上にて、8匹目。

             

            休憩で車にも土田ついでに、ローギアのリールを取って来て、スパイクアロー60にPEラインを巻いたリールを装着します。

             

            今日は、徹底してボトム狙いに成るだろうという判断に基づいて。

             

            同タックルで、1投目で、シャインライド(茶)にて、9匹目。

             

            う〜む、写真がいくつか消えてしまっているようだ。

             

            しゃあないね。

             

            撮ったつもりが、撮れてなかったのかもしれません。

             

            そこトロで、斑点の多いマスが釣れます。

             

            10匹目。

             

            このとき、ちょうど10時でした。

             

            周りに、フライマン・ルアーマンがいましたが、一様に厳しいようです(一人を除いて、皆様途中で帰られました〜元々短い時間の人もいましたが〜)。

             

            吹雪みたいな雪も時々降って来て、こんな時に一日中釣りをするなんて、クレイジーな人(私のような)しかいないのでしょう。

             

            デイブレイク+ベイビーバイブ・ダディー(紅茶ジェラート)にて、11匹目。

             

             

            デブロックでした。35cmクラス?10:15。

             

            今日は、ココまでです。

             

            続きをお楽しみに。

             

            玄武岩

             

             

            にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
            にほんブログ村

             


            ほのぼのフィッシングエリア釣行記2:

            0

              こんばんは。

               

              ようやく、続きを書けます。

               

              前回は、8:00スタート、多々の休憩を挟みつつ、10:15にデブロックを11匹目に挙げるところまでやりました。

               

              その続きです。

               

              ヒルネを1時間半ほどします。

               

              再開後、タックルはデイブレイクで。

               

              ルアーはダートラン。

               

              11:50、沖目でヒット。12匹目。

               

              12:05、シャインライドで13匹目。

               

               

              ヌーッと重くなるアタリでした。

               

              アタリは鈍いですが、魚がルアーを放すのも遅いので、合わせやすいです。

               

              次投同上、足下でバラし。

               

              ココまではずっと、下池での釣果ですが、数釣り用の上池も試してみます。

               

              やはり、こちらの方が魚影が濃く、頻繁にアタリがあります。

               

              5匹プラスします。

               

              合計18匹。

               

              そのうちの1匹。

               

               

              イトウっぽい魚体でした。

               

              また、1hほどヒルネをします。

               

              ロッジは、ストーブが焚かれていて暖かい。

               

              14:15まで寝ました。

               

              実は、寒くて、余り釣れないので、帰ろうかな、とも思っていたのですが・・・。

               

              早く帰っても、ユーパル矢祭では余りすることがないので、頑張って釣ります。

               

              タックルはストーリアF、ルアーはハンクルB-1にて、下池でヒット。

               

              19匹目。

               

              20匹目は、ベイビーバイブで。小型マスでした。

               

              そう言えば、午前中の休憩中に、メモがなくなっていました。

               

              カバンの中にもない。

               

              どこかに飛んで行っちゃったのかな(当日は、結構吹雪いた時もあります)と思っておりましたが・・・。

               

              横溝正史の「犬神家の一族」よろしく、ペンごと吹っ飛ばされて、池の上に浮いていましたよ。

               

              他にノートも持って行ってなかったので、乾いている部分を探して、そこに頑張って書きました。

               

              しばらくすると、凍ってきて、乾燥もしてきたのか、書きやすくなりました。

               

              また休憩。

               

              休憩の後、デイブレイク+ダートラン(エンドパンプキン)にて、2匹追加。

               

              21匹、22匹目。

               

               

               

              ヒレがキレイなマスだ。

               

              この後、上池で3匹追加します。

               

              合計25匹。15:50。

               

              下池に戻るも、ダメ。

               

              上池に戻り、デイブレイク+ダートラン(エンドパンプキン)にて、26匹目。

               

              この日、殆どがリアフックにヒットしてましたが(止めたとき、上から補食してくるのだと思う)、これは珍しくベリーフックに掛かっていました。

               

              27匹目は、ブラウン的な魚でした。

               

               

              大物を求めて、しつこく下池を攻めますが、ダメ。

               

              上池で、2匹追加し、合計29匹。

               

              残り30分くらいありましたが、寒さに耐え切れず、撤収いたしました。

               

              1日29匹なら、普通の釣り場なら、満足出来る数字。

               

              でも、殆ど(全部?)が、ボトムでの釣果。

               

              殆どが、レギュラ・サイズ。

               

              ずっと上池に張り付けば、もう少し数は伸ばせるだろうが、エキサイティングではない。

               

              明日、もう一度来たとしても、恐らく終日ボトムの釣りに成るだろう。

               

              そして、ほとんどの釣果は、特に上池ならば、レギュラ・サイズでのものとなるだろう。

               

              ならば。。。

               

              他の釣り場へ行くべきか。

               

              ちょっと遠いが、白河フォレスト・スプリングはどうだろう。

               

              この寒さだから、フォレストスプリングスでも、苦戦は必至だろう。

               

              でも、夢はある(超大物が釣れるかも?)。

               

              そして、フォレストスプリングスの綺麗なマスを、一匹でも良いから釣りたい。

               

              そんな気持ちが抑えられす、翌日は、白河フォレストスプリングスへ赴くこととなりました。

               

              釣行記を、楽しみにおまちください。

               

              それでは。

               

              玄武岩

               

               

              にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
              にほんブログ村


              白河フォレストスプリングス釣行記1:

              0

                おはようございます。

                 

                お待ちかねの、白河フォレストスプリングスの釣行記です。

                 

                釣り用の手帳(後に記事にする予定)を、会社に置いて来てしまい、記事が書けないかな、と思いましたが・・・。

                 

                写真を見たら、何とか記憶に頼って書けそうだと思い、執筆することにします。

                 

                後ほど、修正することがあれば、修正したいと思います。

                 

                当日は、11時ちょっと過ぎに、レストハウスでトラウトカリーとコーンスゥープを食したのですが、そこまで書きたいと思います。

                 

                朝、3時頃目が覚めて、糸の巻き替えをします。

                 

                大型トラックに煽られながら(そうでもなかったかな。普通に走れたかも)、凍結した一般道を走り、一路、白河FSを目指します。

                 

                途中で、すき家がありましたので、鮭定食を豚汁に替え、納豆と海苔を付けて食べます。

                 

                現地には、一時間ちょっと前に着いたかと思いますが、すでに先着の方がいました。

                 

                まずはネットで順番を取り、まだ暗いので、車で暖をとります(エンジンはかけてません)。

                 

                タックルも少ないので、開始30分前の 6:30くらいまで、ゆっくり休みます。

                 

                朝の様子。

                 

                 

                 

                BWS、デイブレイク、ヤマガ73TZのみ準備し、車の外に出て待機します。

                 

                その際に、ネットで番取りをしてなかった一番手の人に、「先に入ってくださいね」とお話ししましたが、「いいんだよ、いいんだよ」と言って、辞去されました。

                 

                無事、一番手でチケットを買い、ポイントへ向かいましたが、今日は誰も追いかけて来ません(笑)。

                 

                前回と同じポイントに入ろうとしたのですが、空いているので、せっかくだから、インレット脇に入ろうかしら、と思い、インレット脇に陣取ります。

                 

                先ずは、スプゥーンから釣り始めます。

                 

                白河フォレストの場合、今まではスタンダードなスプゥーンの巻きが結局は一番効くことが多かったです。

                 

                でも、この日はちょっと違う。

                 

                サワリも全くありません。

                 

                周りのルアーマンにも、全くヒットがありません。

                 

                こりゃあ、厳しいな。

                 

                かくなる上は。

                 

                ボトム攻撃です。

                 

                ボトムを攻め始めて、ほどなくして、流れの中でヒット!

                 

                デイブレイク+ベイビーバイブダディ(茶)でした。

                 

                35cmクラスのナイスマス!

                 

                しかし・・・。

                 

                ジャンプ一発でバレてしまいます!!

                 

                気を取り直して、またボトムを攻め始めます。

                 

                余り間を置かずにヒット!

                 

                 

                 

                ライオームですね。

                 

                コーホー・サモンっぽい魚体でした。

                 

                これは、流れのなかではなかったですよ。

                 

                寒いので、オシッコが近くなります。

                 

                オシッコに行って帰ってくると・・・。

                 

                他の場所から移動して来た人が、インレットの反対側に陣取りました。

                 

                その方、時には橋の上に乗って釣ったりもしていたので、攻める場所が少なくなってしまいました。

                 

                このまま窮屈な場所で釣りをするよりは、広々としたところに移動したいと思い、ちょうど、その方も含め、2名ほどの方が前回私が釣りをした場所から移動したところだったので、そちらに移動することにしました

                 

                そちらでも、ボトム攻撃を続けました。

                 

                移動して、すぐにヒット!

                 

                 

                あれ?

                 

                これ、さっきの魚の撮り直しかもしれません。

                 

                メモ見て確認します。

                 

                 

                これは、明らかに違いますね。

                 

                ルアーは、ベイビーバイブダディー(抹茶)ですね。

                 

                ヒレも含め、キレイなマス。サイズもまあまあでしょうか。

                 

                白河フォレストに来て良かった!

                 

                そう思えるマスです。

                 

                 

                すぐにもう一匹ヒットしました。

                 

                移動して良かった。

                 

                移動して連発していたのを見ていたのかそうでないのか、インレットで横に入って来た人は、今度は私の対岸に入りました。

                 

                ここで、ちょっとした勝利感を感じてしまったり、そのことをブログに書いたりすると、不快に思う人がいるかも知れないなあ・・・と思ったけど、書いちゃいましたね(笑)。

                 

                コレは私の経験ですが、自分の横に人が入って来て、何となく釣りづらいと感じたら、そこであんまり頑張らずに、さっさと移動してしまった方が、却って良い釣りが出来るように感じております。

                 

                ボトムの釣りを続けます。

                 

                 

                これは、ジャクソンのボトムマジックですね。

                 

                止めた時に、いい感じでヒットしました。

                 

                 

                これは、ホウライ的なマスか・・・?何匹か釣れたんですよ。でも、シッポのアタリにちょっと斑点がのぞいているから、違うかな。

                 

                何度かの休憩を挟んだ後、お昼ご飯にします。

                 

                コレ。

                 

                 

                カレーは、撮るの忘れちゃった。

                 

                じゃあ、またね。

                 

                御機嫌よう。

                 

                玄武岩

                にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
                にほんブログ村


                白河フォレストスプリングス釣行記2:

                0

                  こんばんは。

                   

                  メモが戻って来たので、補足を。

                   

                  最初のヒットは、7:15。

                   

                  流れ込み付近で35cmクラスを。

                   

                  コレはバラしましたが、リアフックの折れによるものでした。

                   

                  フォレストスプリングスのマスは強いですね〜。

                   

                  次のヒットは、8:42。これは、無事ランディング。1匹目。

                   

                  最初のヒットから、結構、時間が空いてますね。

                   

                  サクラマスっぽい魚体で、恐らく写真がかぶってます。

                   

                  その後は移動して、すぐに2匹目。9:50。ベイビーバイブ抹茶で。

                   

                  次次投くらいで、同上にて引ったくるようなアタリ。3匹目。

                   

                  その後、ベイビーバイブだディー(ダークチョコ)に替え、一投目でヒット。

                   

                  しかし、寄せてくる途中でバレ!

                   

                  その後、ボトムマジックで、「コン、コン」とアタリがあるも、なかなか掛からず。

                   

                  最後は、高速巻き合わせでヒット。4匹目。10:28。

                   

                  またもボトムマジックで掛けるも、寄せてくる途中でヌケてしまう。

                   

                  ベイビーバイブダディー(ウーロン茶)にて、池中心付近、流れの筋を狙って投げ、最初は竿を立ててアクション、次に竿を下に向けた瞬間にヒット!

                   

                  5匹目。10:43。

                   

                  この後、しばらく釣りをし、ヒットなし。

                   

                  レストハウスの始まりの放送を聞いてちょっと経ってから、昼食にします。

                   

                  昨日の内容は、ココまでです。

                   

                  やっぱり、メモに残しておいた方が、記事にはしやすいですね。

                   

                  ココまでは、昨日の記事のフォロー、ココから先は、本日の内容です。

                   

                  お昼ご飯のあと、すぐに釣りを始めます。

                   

                  ベイビーバイブ(茶)にて、沖でチビマスを掛けるも、ジャンプバレ!12:00。

                   

                  3投後くらいに、ヒット!

                   

                  ルアーは同上で、しっかりスゥィープに合わせます。

                   

                  12:05。

                   

                  メモには、「レッドバンドがキレイなマス」と書いてありますが、写真で見ると、それほどではないですねえ・・・。

                   

                  やや岸近く、少し深いところに鱒が回遊し始めるのが見えましたので、狙い方を少し変えてみます。

                   

                  ヤマガブランクス73TZ+ちびパニクラDR-SS(タッキーブラウン)にて、1投目でヒット!

                   

                   

                  ホウライ的なマスでした。

                   

                  前回は、7匹の釣果でした・・・。

                   

                  白河フォレストで、これ以上釣ると、悔しがる人がいるかも知れないな・・・とは思いましたが・・・。

                   

                  釣り続けちゃいます。

                   

                  さらに魚が接岸しているように思いましたので、タックルはそのままに、ルアーをウィーパー0.9g(ブラウンクリケット)にし、岸から斜めに投げ、魚の斜め後ろから魚を横切らせます。

                   

                  するとヒット!8匹目。12:35。

                   

                   

                  トイレに行ったついでに、車からストーリアFを持って来て、ウィーパー0.9g(ブラウンペレット)にて、また岸際を狙います。

                   

                  するとヒット!

                   

                  ナイスファイトです!!

                   

                   

                  今日イチかな?35cmくらいのフォレストマスです。

                   

                  ここで、上流部から下流部へ、大きな氷の塊が流れて行くのを見ました(流氷)。

                   

                  1:28、近くに人が寄って来て、魚が沖に逃げたので、再び出にブレイクに持ち替え、ボトムマジックで攻めます。

                   

                  一投目でヒット!

                   

                   

                  ホウライ的なマスでした。

                   

                  8・9・10匹目とも、UGF48でした。

                   

                  ないだと思ったら、また風が吹いて来ました。

                   

                  忙しい天気です。

                   

                  風に強いフロロタックルに持ち替えます。

                   

                  ストーリアF + ジキル1.8g(茶)の着底後巻き上げで。

                   

                   

                  いやあ〜、綺麗なマスだ。11匹目。13:40。

                   

                  ストーリアF + ジキル1.8g(青/白)にて、比較的岸近いところで。

                   

                   

                  12匹目。12:50。

                   

                  この後、1hくらいヒルネをします。

                   

                  釣り場へもどってから、もう一度小用を足す為にレストハウスへ。

                   

                  15:10再開。

                   

                  ベイビーバイブダディー(抹茶)にて、絡み付くようなバイト。15:22。

                   

                  小さいのです。13匹目。15:22。

                   

                  次投、岸近くで、「ドン!」とヒット。

                   

                   

                  14匹目。

                   

                  コレが今日イチかな。

                   

                  美味しそうな、フォレストマスです。

                   

                  この辺りで、ビジネスフォンも気になり出したので、納竿としました。

                   

                  前々回だったかな、1日で7匹だった時は、周りは結構釣れており、恐らくはビリに近い釣果だったと思いますが、この日は寒くて、天候の変化も激しく、

                  フライマンがレストハウスで「今日は誰も釣れてねえ」というほど渋かったので、恐らくはかなり上位の釣果を得られたと思います。

                   

                  魚の動きに、ウマくフォロー出来たかな?

                   

                  あと、その時も冬だったけど、今みたいに徹底してボトムを狙うこともなかったから・・・。

                   

                  ということで。

                   

                  今日はこのくらいで勘弁してやろうか、という吉本新喜劇的な幕切れとし度。

                   

                  お後がよろしいようで。

                   

                  玄武岩

                   

                   

                  にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
                  にほんブログ村


                  うらたんざわ渓流釣り場へ行って来ました:

                  0

                    こんばんは。

                     

                    行って来ましたよ!

                     

                    我がホームグラウンドとも言うべき、「うらたんざわ渓流釣り場」へ。

                     

                    やっぱり、うらたんはいいな。

                     

                    今までは、道路の凍結が怖くて(人によっては、12月〜2月は、うらたんへは行かないという人もいます)、冬の釣行は避けておりましたが、スタッドレスタイヤを装着した新車を買いましたので、慎重にではあるものの、問題なく走破することが出来ました。

                     

                    ※この時期、本当に凍結がスゴく、また、所々で山崩れの後もありますので、運転には注意が必要です。

                     

                    帰りは、珍しくナビに従って走り、新しい経路も発見出来ました。

                     

                    うらたんの近くの道から、藤野へ向かって20号線を目指し、相模湖の日連大橋?からすぐに相模湖インターに入る道です。

                     

                    穏やかな田園風景を楽しみながら走れます(コンビニも一軒もありません)。

                     

                    ただし、道が狭く、その割には車は通るので、スピードは出せません。

                     

                    時間にゆとりがある時のみにした方が良いかもしれません。

                     

                    距離は、一番近い気がしますが・・・。

                     

                    暗い時も、ちょっと怖い気がするな。

                     

                    釣りの方ですが・・・。

                     

                    貸し切りだった為もあると思うのですが、快適でしたよ!

                     

                    ココへ来て、ようやく色々なことが分って来ました。

                     

                    今回は、今まで獲れていなかった魚も捕れた気がします。

                     

                    今まで、うらたんでは、良くても1日70~75匹で、「100匹釣る人って、どんなことをしているんだろう・・・?」と思っておりましたが・・・。

                     

                    ようやく、その輪郭を掴みつつある気がします。

                     

                    あ、こういうことを組み合わせて行けばいいのね、と思いました。

                     

                    今回のタックルです。

                     

                    ROD:ufmウエダ Tuned Back Water special Tournament Custom 69 XT

                    REEL:シマノ ステラ2000HGS

                    LINE:バリバススーパートラウトアドバンスVEPイエロー?(蛍光グリーンのやつ)2.5lb+バリバスフロロリーダー2.5lb or2.0lb or 3.0lb

                     

                    コレ一本です。

                     

                    今回は、子供を迎えに行かなければならないので、最長で、やっても14時まででしたが、結局、12時位で上がりました。

                     

                    前日は、業者様の接待で、準備もできていなかったので、キツかったですが、タックルを一本に絞り、何とかしのぎました。

                     

                    タックルを、一本に絞ったのが良かったのか?

                     

                    ココは、移動とルアーチェンジの組み合わせをどうするか、それで大きく釣果が変わる。

                     

                    そして、その時々で、何がアタルかが大きく変わる。

                     

                    普通の釣り場よりも、その変動幅が大きい気がします。

                     

                    だから、分っている人は釣れるし、そうでない人は、釣れない。

                     

                    釣れる人と、そうでない人との差が、とても大きな釣り場だと思います。

                     

                    せっかくなので、もう少し通う頻度を上げたいな・・・。

                     

                    大好きな釣り場です。

                     

                    それでは、釣行記を楽しみにお待ちください。

                     

                    玄武岩

                     

                     

                     

                     

                    にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
                    にほんブログ村


                    うらたんざわ渓流釣り場釣行記1:

                    0

                      こんばんは。

                       

                      ゴキゲンイカガですか?

                       

                      私は・・・絶好調です!!

                       

                      それでは、参りましょう。

                       

                      前日、十分な準備もできないままに12時頃床に就き、3時に目覚ましをセットしました。

                       

                      当日、2時50分頃目が覚めしばらくじっとしていて、目覚ましが鳴ったらすぐに止めました。

                       

                      そこから着替えと準備をして、3時半頃家を出ます。

                       

                      7-11でコーヒーと朝ご飯を買い、4時ちょっと過ぎに川越インターをくぐります。

                       

                      ナビで、「うらたんざわ渓流釣り場」が出ました。

                       

                      でも、ルートが自分が思っているものとは違うし、距離もメチャメチャでした。

                      (恐らくは、帰りに通ったルートで計算しているのだと思います)。

                       

                      413号線から枝分かれする道に入ると、バリバリ凍結していて、所々に山崩れした跡があり、慎重な運転を余儀なくされました。

                       

                      5時15分頃に現地に着きました。

                       

                      1番乗りです。

                       

                      まだ暗い中、電池の切れかかって灯りが薄くなったヘッドライトを付けて準備を始めます。

                       

                      タックルはワンセットですので、もの凄くラクです。

                       

                      パイロットルアーとして選んだのは、鱒玄人2.9gプレッシャーインパクト(黄/ピンク)です。

                       

                      機動性を高まるため、スプゥーンとプラグを小さなワリットに移動します。

                       

                      全て身体に装着し、手にはロッドとネットだけ、という形にします。

                       

                      6時に開場、釣りをスタートです(貸し切り)。

                       

                      水量は少ないです。

                       

                      D.W.C(the degree which the water is closed)は高まっております。

                       

                      今日は、小さめ地味スプゥーンで攻めた方が良いのかも。

                       

                      いつもなら何らかの反応がある区画で、何の反応もありません。

                       

                      タナやスピードを変えてもダメ。

                       

                      ルアーを、鱒玄人2.0g(ブラウンクリケット)に変えます。

                       

                      ようやくヒット。

                       

                      でも、続きません。

                       

                      色んなルアーを試します。

                       

                      急いで準備したから、グロースプゥーンと、LEDライト忘れちゃった。

                       

                      いくつかの変遷を経て、ワウ(白/オレ)にたどり着きます。

                       

                      これがアタリ。

                       

                      2匹目(チビ)のあと。

                       

                      3・4・5匹目をゲット。

                       

                      5匹目。

                       

                       

                      ヤマメ的な魚です。

                       

                      写真だと、分りづらいです。

                       

                      でも、口を中心とした顔つきでニジマスとの違いが分るでしょうか。

                       

                      この時点で、6:28。まだ暗いですね(うらたんは、6時スタート)。

                       

                      6・7匹目も同上で。

                       

                      あれ?

                       

                      管釣りって、再現性のある釣りをしても良いんでしたっけ?

                       

                      そして、私も再現性のある釣りをしても良いのか?

                       

                      そんなことを考えながら、ルアーをベスパスプゥーン・マッディ・スペシャル1.2g(緑/ピンク)に変えます。

                       

                      1バラシの後。

                       

                      流れの中に漂わせて、ヒット。

                       

                       

                      6:44。まだちっと暗い。

                       

                      パニクラDRタッキーブラウンにて、9・10匹目。

                       

                       

                      おチビちゃんです。

                       

                      続かないので、鱒玄人2.0g(ブラウン・ペレット)へチェンジ。

                       

                      1投目でヒット。

                       

                       

                      ヤマメ的な魚でした。

                       

                      今度は、パーマークがキレイですね。

                       

                      もったいないけど、リリースです。

                       

                      この時点で、7:07。

                       

                      しばらく、同上にて探るもヒットなし。

                       

                      移動後ヒット。7:15。

                       

                       

                      クロマティでした。

                       

                      ガイドが凍るので、水に浸して溶かしながらのファイトです。

                       

                      ここで、リールに糸を巻き込んでしまいます。

                       

                      直すのに、15分くらいかかります。

                       

                      リーダも、結び直します。

                       

                      せっかくなので、2.5lbを2.0lbに直します。

                       

                      今日は、水量から言って、マイクロスプゥーン(「マ」にアクセント)が中心に成るかと思って。

                       

                      移動して1投目、掛かるもバレてしまいます。

                       

                      次投でヒット。7:38。

                       

                       

                      13匹目。斑点の少なめのニジマスでした。

                       

                      引きそうな尾をしてるでしょ?

                       

                      この後、パニクラDRTBを根掛かりでロスト。

                       

                      リーダを結び直します。

                       

                      ベスパ0.7g(茶/オレ)にて、足下バラシのあと。

                       

                      鱒玄人2.0g(ブラウンペレット)にて、2度掛からずの後。

                       

                      ようやく14匹目。8:04。

                       

                       

                      同上にて、15・16匹目。

                       

                       

                      17匹目は、イワナ的な魚でした。

                      この後、読者の中には怒る方もいるかも知れないと思いつつ、また再現性のある釣りをして、連発してしまいました。

                       

                      27匹目まで。8:40。

                       

                      ルアーは、パニクラDR(エンドパンプキン)。

                       

                      ボトムマテリアルが砂のところを探して、リップで砂を擦り上げるメソッド(「ソ」で舌を噛む)です。

                       

                      本日は、ココまでにしておきましょう。

                       

                      いや、このくらいにしといてやるか、の吉本新喜劇的な終わりにしましょうか。

                       

                      ほいなら、また(関西弁風に)。

                       

                      玄武岩

                       

                       

                       

                      にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
                      にほんブログ村


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      あなたの応援が、ブログを続けて行くモチベーションになります。
                      にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
                      にほんブログ村
                      この記事が面白いと思ったら、ポチッとお願いします。
                      にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
                      にほんブログ村
                      参考になった方は、ワンクリックお願いします。
                      にほんブログ村 釣りブログへ
                      にほんブログ村
                      「頑張ってブログを続けて欲しい」という方は、クリックをお願いします。
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM